古い角質だけがはがれ落ちるケア法

 

 

ニキビができた部分の角質は厚くなっています。炎症が治まり、もりあがりが平らになり、完
治した状態でも、やはり肌にはゴワついた感じが残っています。これを解消する方法として、ピ
ーリング効果のある化粧品の使用があげられます。
スクラブのように物理的刺激ではがす方法もありますが、ピーリングは化学的な作用で古い角
質をはがします。成分はAHA (アルファヒドロキシ酸)やサリチル酸、グリコール酸などさま
ざまですが、化粧品に配合されている程度の濃度なら強力過ぎず、比較的穏やかに角質をはがし
てくれるはずです。ただし、ピーリング用のグリコール酸などは、本来つけたあと洗い流すタイ
プなので、そのままパッチテストをおこなうのは非常に危険。化粧水や美容液に配合されている
ものなら、事前に試供品で試してみて、赤みやかゆみが感じられないものを選びましょう。
ピーリングは厚くなった角質をはがすと同時に、毛包の奥の老廃物や皮脂もとりのぞいて毛穴
を引き締めてくれます。

 

美容医療とニキビ

 

 

美容と医療。両面からのアプローチで
私の皮膚科医としての出発点は、女性患者に美容的にも満足してもらえる治療やアドバイスが
したいという思いでした。現在、ニキビ治療においても、薬の処方や生活指導などのほか、保険
診療ではない部分で「よりきれいに」を実現するために、ケミカルピーリングをおこなっていま
す。
また、私自身が音、治療をやめるとニキビの再発、悪化を繰り返した経験から、ニキビ肌でも
安心して使える、そして治療をサポートしてくれる化粧品も開発しました。自宅でできるニキビ
対策として、その選び方や使い方のアドバイスもしています。
エステティックサロンに通う女性は増えているようですが、皮膚科のホームドクターを持って
いる人となるとどれほどいるでしょう。サロンで過ごす優雅なひとときとは違っても、皮膚科で
だって女性をきれいにしてあげられます。
ニキビに悩まされ、うつむき加減で暮らしていた女性にも、自信をとりもどしてもらえるよ
う、私は美容医療に取り組んでいます。