肌周期とニキビ
加齢とニキビ。このギャップの根底にあるもの
肌は約二八日の周期で生まれ変わっています(ターンオーバー)。基底層から押しあげられた
皮膚細胞は、最終的に肌のいちばん表面の角層に到達し、垢となって、自然にはがれ落ちるので
す。ところが、加齢とともにこのスピードは遅くなっていき、垢となるべき角質がなかなかはが
れなくなってきます。夏の日焼けあとが冬になっても消えなかったり、傷跡がなかなか消えなか
ったりするのはこのためです。
また、加齢とともに皮脂の分泌量は減少し、肌の水分保持力も低下します。ところが、大人の
ニキビはそうした肌の生理にはおかまいなしに、三〇代でも四〇代でもできるのです。でも、ひ
どいニキビができたからといって、もともとの肌質が変わったわけでも、肌年齢が逆行している
のでもありません。肌のニキビができた部位だけが機能に異常をきたし、皮脂分泌が過剰な状態
になっているということです。

 

大人のニキビは、思春期にできるニギビとは違う厄介さがあります。「なんでいまさらニキビ
に悩まされるの?」と理不尽に感じるでしょうが、大人のニキビは本人自身やとりまく環境が原
因を作っているケースが多いので、治すためには、自分の生活や心身の状態を振り返ることから
はじめなければなりません。それまでのスキンケア法の見直しも然りです。
加齢や女性周期、季節などによる肌の変化に応じて、手入れをしていましたか?
ニキビの治療中は医師の指示に従い、ニキビが治まってからは年齢相応の、肌質に応じたケア
を心がけましょう。ただ、毛穴の出日の厚くなった角質や、色素沈着が残りそうなニキビ痕に関
しては、より積極的なケアが必要です。また、肌のはりのもとである弾力線維も年齢とともに徐
徐に減少するため、肌にへこみができるほどダメージを受けてしまった場合は、皮膚科で理学療
法を受けるという選択肢もあります。
上り坂途中である思春期の肌と違い、下り坂にさしかかっている大人の肌は、ニキビができた
あとはより慎重に、よりきめ細かく対処しないと、「きれい」をとりもどせません。
肌の老化とニキビをくい止めるはじめの一歩とは?
二五歳がお肌の曲がり角と言われたのは遠い音。メイクをはじめる年齢が下がり、幼い頃から ‐3‐
エアコンがきいた家で暮らし、ファストフードやスナック菓子に囲まれた食生活を送ってきた現
代女性の肌の衰えは、もっと早くからはじまっているかもしれません。冒頭のアンケートで、ニ
キビ発症の時期は三二?二五歳という人が圧倒的に多かったのですが、この時期はまた肌の変わ
り目でもあるわけです。
ニキビ治療をきっかけに、皮膚科医のアドバイスを受けながら、自分の肌としっかり向き合う
機会を持つのはよいことかもしれません。ニキビがなかったときには気にしなかった肌のあれこ
れに目が向くようになるからです。
たとえば、ケアに関しても、皮膚温程度のぬるま湯で洗顔すると皮脂がよく落ちるけれど、熱
過ぎるお湯だとうるおいが奪われ過ぎて乾燥する。クレンジング料はふきとリタイプよりも洗い
流しタイプのほうが肌に負担が少ない。こんなちょっとした差に気を遣うようになるのが最初の
一歩。鏡をじっくりのぞき込んだり、手ざわりで肌の変化を敏感に感じとって、そのつど対処で
きるようになりたいものです。
食事や睡眠への配慮やストレスとのつき合い方を考えるとともに、こうした小さな努力を積み
重ねていけば、 ニキビができにくくなったり、肌の老化のスピードをほんの少し遅らせることが
できるようになる気がします。

 

ニキビをはがしとってもきれいな肌は出てこない
ニキビができている部分には触らないのが鉄則です。頭ではわかっているのに、気がつくとつ
いついニキビをひっかいていたという経験はないでしょうか。おそらく、もりあがったニキビか
ら早く芯を出して、もとの平らできれいな肌二戻したいという無意識の行為。でも、無理に爪で
強くひっかかれたニキビは、赤黒い色素沈着やクレーター状のへこみを残してしまう可能性が高
まります。
治りかけのニキビも同様です。ニキビの面影を残した角質が自然にはがれるのを待てずに、ス
クラブなどでゴシゴシ乱暴にはがしとろうとしないこと。完全に治った状態でないうちは、強い
刺激は厳禁です。せっかく治りかけたニキビが再び悪化してしまう場合もあります。
ふだんのスキンケアでも、磨けば磨くほどきれいになるという誤解から、肌を必要以上にどん
どんはがしとって、未成熟な表皮細胞を増やしてしまっている人がいます。未成熟であるがゆえ
に免疫力がなく、刺激に敏感。こんな弱い肌は、さまざまなトラブルを引き寄せることになり、
「きれい」からは逆に遠ざかってしまいます。
急いてはことを仕損じる。過ぎたるは及ばぎるがごとし。スキンケアもタイミングを見計らっ
て、適切におこないたいものです。

更新履歴